和歌山県紀の川市「観音山フルーツパーラー」でいちじくパフェ。ソフトクリームも美味しい!友達も「最高だった」と恍惚の表情

和歌山県紀の川市「観音山フルーツパーラー」でいちじくパフェ。ソフトクリームも美味しい!友達も「最高だった」と恍惚の表情

【店名】
観音山フルーツパーラー・和歌山本店

【所在地】
和歌山県紀の川市粉河

【性別】女性
【年齢】
33歳
【職業】
自営業


【お店を知ったきっかけ】
学生時代の同期と遅まきながらの卒業旅行をしていた時に、美味しいフルーツが食べたいと言う話になり向かったのがきっかけです。

【誰と行ったか】
学生時代の同期




【お店の雰囲気】
畑の中にあるプレハブ小屋の2階にありました。
1階は、収穫した植物の仕分け場所兼特売場になっていました。
2階のカフェスペースの外(通路にあたる場所)にテラス席もあり、店内が混んでいたのでテラス席に座りました。
会計は店内ですが、注文は聞きに来てくれるのでテラス席でメニューとにらめっこし、時期ものの「いちじくパフェ」を頼みました。

【注文したもの】
いちじくのパフェ




【感想】
いちじくのパフェを注文して衝撃だったのが、フルーツ以外もとってもフレッシュで美味しいことでした。
農園なのでいちじくは美味しいだろうと予想していたので「やっぱり丁度良い熟れごろのいちじくがたくさん入っていて美味しいなぁ」と思ったのですが、一緒に入っていたソフトクリームアイスやソースにクリームまでもフレッシュで衝撃が走りました。
まるで農場や牧場のソフトクリームやアイスのように、癖も臭みもなく濃厚なのにとてもとてもさっぱりしていて、人生で初めて続きでソフトクリーム(蜂蜜のせ)を注文しました。
(いつもなら、おやつは1種類1点まで)いちじくとアイス部分の溶け具合がマッチしているので、すっと消えたような感覚でさらに新鮮でした。




【他のメニューやトッピングなど】
続け様に頼んだソフトクリームもフレッシュで濃厚な蜂蜜ともよくマッチしていました。
コーン部分がクッキー生地だったことも高評価ポイントです。
全体のバランスがよく、嫌な部分がまるっきりありませんでした。
サイドメニューには紅茶もあったのでいただきましたが、渋みもなくパフェの邪魔もせず、むしろ紅茶専門店でもなかなか出てこないくらい美味しかったです。




【エピソード】
私があまりにも美味しそうに食べていたらしく、大学の同期が珍しく「一口ちょうだい」とねだってきました。
(フルーツは好きだけどお菓子は苦手な大学の同期)一口食べた後、黙ったままメニューを睨んでいたので、私はソフトクリームを追加で頼んだのですが、個数を告げる時に「2個で!」と強くハッキリと言ったので、思わず店員さんとにやっとしてしまいました。




【知人の評判】
「最高だった」と、帰宅中の車内で、恍惚とした表情で言われました。
人生でこんなに輝いてた時あった?と聞きたいくらい、良い表情でした。
甘ったるくない上に果物の良さを引き立てたところを高く評価していて、支店についても店員さんに聞いていました。




【他との比較】
他店との違いは「フレッシュ」さです。
エグ味の無さや質感などこれは間違いようのない真実で、香りや味に大きく影響していました。
そしてパフェだけではない全体に言えることだと思います。
次に「メニュー制作について」の点が大きく違うと思います。
実際に考えて作っているのは、高校生の人たちなのだそうです。
時世代の育成のための実地研修なのですが、既存の店が怯えるであろうくらいの力強さを感じました。




【価格と満足度】
価格は、パフェも紅茶も大阪や東京の市内・都内で食べる金額と同じか少し安いくらいでした。
衝撃的なフレッシュさと味の良さから考えたら安いくらいの大満足です。




【期待すること】
店内は木製家具や壁でお洒落ですし、清潔感もあります。
子ども連れの人も多くいましたが、常に綺麗な状態だと思います。
品物の分量も味(の塩梅の良さ)に合わせているので不満はありませんし、そこからつけられた価格なので不満なんてありません。
店はぜひ継続して欲しいですね。
強いていうなら職場のそばにあれば休憩時間中に通います。



すでに自慢した後ですが「アイス部分も果物もめちゃくちゃフレッシュで、嫌味も癖もなくて、いちじくの良い香りと味とねっとりとした中にプチプチとした食感があってたまらなく最高に美味しかった」と言ったら、「お土産は0」と地を這うような声で脅されました。
残念ながら直売所で販売されていた商品は、ジャム以外生物(ナマモノ)だったのでお土産は無しです。