横浜市「坐月一葉」のきなことほうじ茶パフェが最高!ほうじ茶ゼリーと黒豆入り

横浜市「坐月一葉」のきなことほうじ茶パフェが最高!ほうじ茶ゼリーと黒豆入り

【店名】
坐月 一葉(ざげつ かずは)
【所在地】
神奈川県鶴見区

【性別】女性
【年齢】30歳
【職業】主婦


【お店を知ったきっかけ】
鶴見駅の駅ビルをふらっと散策していたら発見し、あまりみたことのない和の雰囲気のお店でとても気になったから。

【誰と行ったか】
一人で行きました。




【お店の雰囲気】
和テイストのカフェで、駅ビルに入っています。
座席数は41席ほどで、店員さんは丁寧に説明してくれるのでメニューに迷った時も安心です。
真ん中には畳があり、イベントなどで活用されているようです。
おひとり様も多く、静かな雰囲気なので落ち着いて利用できます。
カフェですが主食のメニューもあるので、今度はランチなどで利用したいと思います。

【注文したもの】
きなことほうじ茶のパフェ




【感想】
抹茶系のデザートはよくみかけますが、ほうじ茶はあまりなく、思わず注文しました。
黒塗りの四角いお盆に、パフェとセットのお茶セットがついてきます。
自分でお茶を急須から湯飲みに注いで飲むようになっています。
和を感じられる、粋なメニューだと思います。
きなこがかかったバニラアイスが乗っていて、白玉と黒豆の優しい甘さと相性が抜群でした。
下に入っているほうじ茶ゼリーも程よい甘さでよく合います。
黒ゴマのスティックの焼き菓子がついていますが、そちらもアイスとよく合います。
お茶のセットになっており、好みで選べる季節のお茶も楽しめます。
畳を正面にみられる位置で食べたので、より一層和を感じ、おいしくいただけました。
パフェ自体もボリュームもあるのでお腹も心も満たされます。




【他のメニューやトッピングなど】
その他、抹茶パフェや、あんみつ、ぜんざい、胡麻豆腐プリンなど、魅力的なデザートがたくさんあります。
煎茶の種類がたくさんあり、飲み比べることもできます。
また、煎茶は店頭で販売しているので、気に入ったお茶を購入することもできます。




【エピソード】
休憩しようと立ち寄ったカフェで、丁度購入したばかりの本があり、本を読みながら注文したものがくるのを待ちました。
落ち着いた雰囲気で待つ間ものんびりできました。
セットのお茶を何にするか悩んだ時は店員さんが丁寧に説明してくれて選ぶことができました。
普段あまり食べ物の写真を撮ることがないのですが、この時のパフェは写真におさめてしまいました。




【知人の評判】
友人知人には話しておらず、個人的な隠れ家的な場所として今後も行きたいと思っているのでちゃんと話を聞いたことがないですが、別のグループでこのお店が気になっているという会話を耳にしたことはあります。
リーズナブルではないので気軽に、というわけにはいかないようです。




【他との比較】
甘すぎず、淡白すぎず、絶妙な甘さが丁度よいです。
セットで飲めるお茶もこだわりがあり、パフェのおいしさを引き立てます。
パフェの優しい甘さで満たされ、お茶で一息つき、食べる空間も整えられているのでそういった部分がここでしか味わえないものだと思います。
また行きたいな、食べたいなと思ってしまう魅力があります。




【価格と満足度】
決してリーズナブルな価格とはいえませんが、駅ビル内の憩いの場としては満足度は高いです。
頻繁には行けませんが、自分へのちょっとしたご褒美に行きたいです。




【期待すること】
様々なメニューがありましたが、これからも新しい挑戦をしていってほしいです。
お茶の飲み比べセットみたいなものがあるとより楽しめるかなと思います。
お茶単品の価格が少し高いと感じます。
また、お茶の飲み方は少し迷ってしまったので、それに関する記述がどこかにあるとより親切かなと思います。
大変な世の中ではありますが、これからもお店を継続していってほしいと思っています。



とにかく行って、見て、感じて、楽しんでほしいです。
語って聞くよりなにより、行って自ら経験してもらえるのが一番いいと思います。
ですが、先にも述べたように自分だけの秘密の隠れ家的な場所であってほしいとも思うので、おすすめしたい気持ちと、黙っていたい気持ちが複雑に絡み合っています。
和が好きな人には、とにかくたまりません。

坐月 一葉(ざげつ かずは)
神奈川県鶴見区
女性・30歳・主婦
横浜市「坐月一葉」のきなことほうじ茶パフェが最高!ほうじ茶ゼリーと黒豆入り