Rie&QoonieオフィシャルHP

BIOGRAPHY

      
Rie                                                  Qoonie

洋楽、邦楽、唱歌、オリジナルなど演奏する楽曲は幅広く、
どんなジャンルの音楽もポップミュージックの持つ明るさを取り入れ、
二つの声で時には優雅に、また時には親しみやすく歌い上げるデュオSeptember。

透明感のある艶やかな歌声で心まで魅了する、リードボーカルRie
ちょっぴりハスキーで心落ち着く歌声のボーカル&ピアノQoonie。
全く個性の違う声が混ざりあう時、そのハーモニーは聴き手をあたたかく優しい心へと誘う。

2004年夏、一大ブームとなった韓国ドラマ「冬のソナタ」の主題歌をいち早く取り上げ、
日本初の公式カバー曲「冬のソナタ〜最初から今まで〜」を発表。各方面で話題となる。

2008年には、さだまさしさん書き下ろし曲「明日咲く花」と同時に、
男性アーティストが花をテーマに歌う曲を集めたカバーアルバム「FLOWERs」を発表。
年間コンサート活動本数90ステージを超える。
又翌年には「題名のない音楽会」でさだまさしさんと共演し、広く認知されることとなる。

2008年末に乗船した「飛鳥㈼」にて夏休み開港記念ツアーで横浜〜函館〜新潟と乗船コンサートを行う。
自らプロデュースした「歌旅」と題したテーマで船旅らしい「歌」と「旅」をストーリー仕立てに
コンサートを行い、大盛況で終わる。

ポップスとクラシックの融合という「クラシカルポップス」をテーマに独自の音楽性を探求し確立。
2010年、「言葉」の持つ偉大さとハーモニーに重点を置き、新しいSeptemberをスタートさせる。
老若男女問わず支持を受け、日本全国様々な場所でライブ活動を展開中。